メール共有・管理システム
東京
03-5368-1631
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

TOP > お役立ちコラム > メールの送信取り消しは可能?ツールごとに詳しく解説

メールの送信取り消しは可能?
ツールごとに詳しく解説

メールの送信取り消しは可能?ツールごとに詳しく解説

作成したメールを違う相手に送ってしまった…誰もが一度は経験のあるミスでしょう。 他にもファイルを添付し忘れて送信してしまうミスもよくあるようです。もし誤送信したメールを取り消すことができるなら便利ですよね。

「メールディーラーの資料」ダウンロード(無料)
メール共有・管理システムの「メールディーラー」なら便利な「送信取り消し機能」を備えています。「送信取り消し機能」のキャンセル可能時間は、5秒、10秒、15秒から設定可能です。興味をお持ちの方はまず資料をご覧ください。

メールの送信を誤ると大変なトラブルになってしまうことも

メールの内容や相手を間違えて送信してしまうことは、誰にでも起こりうることです。
しかしながら、個人情報や社内の情報等がメールの誤送信によって外部に漏れてしまうと、大変なトラブルにつながってしまうことも。具体的には、情報漏洩による信用の低下、損害賠償などの問題が生じてしまいます。

もし送信取り消しが可能なツールを利用しているなら、その方法を覚えておきましょう。
以下で、「Gmail」「Outlook」「Office exchange」のメールの取り消し方について解説します。

Gmailでメールの送信を取り消す方法

Gmailでは、PC版、スマートフォン版両方で送信取り消しが可能です。それぞれで、送信を取り消す方法を説明します。

PC版

メール設定をする

まず、Gmailの設定ボタン(歯車のアイコン)をクリックします。すると、「設定」という項目が出てくるので、それを選択してください。その後、「全般」のタブを見ると、「送信取り消し」の項目があります。

これは、送信してから取り消しまでの時間を設定する項目です。
5秒、10秒、20秒、30秒と選べるので、好きな時間を選択します。

送信取り消しを有効にする

送信の取り消しは、もともと備わっている機能です。はじめから有効になっており、無効にすることはできません。有効と無効を切り替えるボタンもありません。

Gmailではない、他のメールサービスであれば、有効と無効を切り替えられる場合もあるようです。参考までに、何も設定しなければ、5秒で設定されています。

送信を取り消す

メールを送った後、設定した時間内であれば、「キャンセル(取り消し)」という文字が送信後に表示されます。手順を説明します。

1)メール送信後「メールを送信しています」のメッセージが出る
2)メッセージの横に「キャンセル(取り消し)」が表示される
3)「キャンセル(取り消し)」という文字を選択
4)「送信を取り消しました」と表示される

この時に送信するはずだったメールが表示されます。間違いを訂正し、再度送信しましょう。

スマートフォン版

メール設定をする

Android、iPhoneともに、最初から送信を取り消しできる機能がついています。

送信取り消しを有効にする

スマートフォン版では、始めから送信取り消しができるようになっているため、特に設定は必要ありません。普段はPC版を利用している人も、出先や緊急時にスマートフォンで利用する機会もあるかもしれませんので、覚えておきましょう。

送信を取り消す

メールを取り消す手順を説明します。

1)メール送信後に表示される「キャンセル(取り消し)」をタップする
2)送信が取り消される
3)送信するはずだったメールが表示される
4)必要に応じて修正する

iPhoneやiPadは、メールの送信を取り消せる時間を変更できます。
設定アイコンである歯車のマークから設定を開いて、「送信取り消し」できる時間を変更します。Androidでは、時間の変更はできません。

Outlookで送信を取り消す方法

Outlookで送信したメッセージを取り消す方法を、Outlookのバージョン別に説明します。

Outlook2007版

送信取り消しの手順は、以下の通りです。

1)ナビゲーションウィンドウの「メール」で「送信済みアイテム」をクリックする
2)取り消したいメッセージを選択する
3)メッセージタブのその他の操作をクリックする
4)編集・取り消し・再送の項目から、取り消しを選択する

メッセージの取り消しが表示されない場合は、受信者が「Office365」または「Microsoft Exchange」のメールアカウントを利用していない可能性があります。
送受信者がともにこの環境を利用していて、なおかつ受信者がメッセージを開いていない場合のみ削除することが可能です。

Outlook2010版

送信取り消しの手順は、以下の通りです。

1)ナビゲーションウィンドウから「送信済みアイテム」をクリックする
2)取り消すメッセージを選択して開く
3)メッセージタブから「アクション」→「メッセージの取り消し」を選択する

取り消しを選ぶと、次の2つの選択肢が表示されるため、必要な操作を選択してください。

・未読ならば、受信トレイから削除する
・未読ならば、削除して別のメッセージに置き換える

メッセージを置き換える場合は、メッセージを作成して送信をクリックします。メッセージを取り消すと、取り消しを実行したことがわかるインフォメーションが表示されます。

送信先の相手も「Office365」または「Microsoft Exchange 」を使用していて、メッセージを受信者がまだメッセージを開いていない場合に限り削除できます。

Office exchangeのメール取消方法

Office exchangeの「送信の取り消し機能」とメールの取消方法について説明します。

送信取り消し機能とは

送信取り消し機能とは、送信したメールを一定秒数以内であれば取り消すことのできる機能です。Gmailとの違いは、送信取り消し機能のオンとオフができる点です。
以下で、設定方法や取り消し方法について説明します。

「送信の取り消し」の設定方法とは

以下の手順で設定します。

1)設定をクリックし、アプリ設定より、メールを選択する
2)オプションの画面でメール、自動処理、送信の取り消しと順に選択する

取り消しの時間を、5秒、10秒、20秒、30秒のいずれかに設定できます。

送信したメールの取り消し方法とは

送信を押すと、「送信中」という表示の下に、送信の状況がわかるプログレスバーが表示されます。送信が完了する前に「元に戻す」というボタンを押すと送信が取り消され、メールの作成画面に戻ります。

まとめ

メールを誤って送信しても、「送信キャンセル機能」があれば、送信を取り消し、もしくは修正して再度送信することができます。取り消し方法はツールごとに異なります。
ぜひ覚えて活用しましょう。

メールディーラー』は「送信取り消し機能」を備えたメールの自動管理システムです。「送信取り消し機能」のキャンセル可能時間は、5秒、10秒、15秒から設定可能です。
また、ステータス管理や重複返信防止機能により、2重返信や返信漏れも防げるので安心です。無料トライアルも可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

メールディーラーの無料トライアルのお申し込みはこちらから

メールのお悩みまとめて解決!メールディーラー無料トライアルを試してみる

この記事を書いた人

メールディーラー通信編集部

顧客対応のお悩みを解決し、顧客満足度を上げるための情報を発信します。

一覧を見る