なぜ、クラウドで
メールを管理するのか
企業が取り組むべき情報共有・管理術

WEBセミナー

働き方の多様化が進む今、考えたい、進捗状況の共有管理とクラウドメールの重要性
満席のため締め切りました

働き方が多様化する今、多くの企業が「情報共有・管理」の課題に直面しています。

非対面でのやり取り・在宅ワークが推進される社会において、
ニーズが高まっているのが『クラウドシステム』です。

中でも、ビジネスシーンにおける利用頻度が高い「メール」のクラウド化は、
業務の属人化を防止する観点でも有効と言われ、近年幅広い業界で広がりを見せています。

しかし、「クラウドって便利そうだけど、不安がある……」「違いはなに?」といった
漠然とした疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

本セミナーでは、クラウド上で情報を共有・管理することの重要性や、
クラウドメールソフトとローカルメールソフトの違い、導入のメリット・デメリットをご紹介いたします。

このような方にオススメの内容です

  • 社内ツールのクラウド化に興味をお持ちの方
  • メールを共有することに興味がある方
  • 体制を整え、働き方の多様化を推進したい方

セミナー概要

開催日時 2021年7月28日(水)14:00~14:40
必要環境 オンラインセミナーツール「Zoom」を使います。
(インストール・ご利用ともに無料です)
  • 利用可能ブラウザ
    • Internet Explorer 10以降
    • Microsoft Edge 38.14393.0.0以降
    • Google Chrome 53.0.2785以降
    • Safari 10.0.602.1.50以降
    • Firefox 49.0以降
参加費用 無料
主催 株式会社ラクス

注意事項

  • 応募多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。
  • 同業他社の方のご参加はお断りいたします。

登壇者

  • 株式会社ラクス クラウド事業本部
    メールディーラー事業部 企画課

    若林美沙樹

お申し込みフォーム

満席のため締め切りました

お問い合わせ先

株式会社ラクス 若林美沙樹
maildealer@rakus.co.jp