プレスリリース

2015年5月15日

株式会社ラクス

Ver11.2.1以前に存在した脆弱性についてのご報告

お客様各位

5月12日に報道されましたメールディーラーに於けるクロスサイトスクリプティングの脆弱性につきまして、既に対応が完了しておりますことをご報告申し上げます。

■脆弱性の詳細
メールディーラーVer11.2.1以前の環境において、添付ファイルのファイル名に起因するクロスサイトスクリプティング脆弱性が存在致しました。

■影響範囲
メールディーラーを使用するユーザのブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がありました。

■対応状況 【クラウド版をご利用のお客様】
4月14日(火)に、弊社にて全環境のセキュリティアップデートが完了しております。

【パッケージ版をご利用のお客様】
4月21日(火)にメールにてご案内致しました内容をご確認の上、お客様にてバージョンアップ作業をお願い致します。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせくださいませ。

以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

各種お問い合わせ

まずはお気軽に問い合わせください。 「詳しい料金プランが知りたい」「昨日の詳細が知りたい」など一目でわかる資料をご用意しております。

  • 無料トライアル
  • 今すぐ資料請求