TOP > お役立ちコラム > 社内ヘルプデスクの運用を効率化する方法とおすすめツールをご紹介!

社内ヘルプデスクの運用を効率化する方法と
おすすめツールをご紹介!

2021/06/23
問い合わせ管理の方法
社内ヘルプデスクの運用を効率化する方法とおすすめツールをご紹介!

社内ヘルプデスクには、システムの使用方法やトラブル時の対処など、幅広い内容の問い合わせが数多く寄せられます。
特にテレワークやオンラインでのやり取りが一気に普及したこともあり、新しいツールの導入やネットワークの整備など、社内ヘルプデスクの負担は今まで以上に増えているのではないでしょうか。

この記事では、ヘルプデスクの運用を効率化させるために必要な対策と、おすすめツールについてご紹介します。

おすすめのメール共有・管理システム

問い合わせ対応業務をチームで分担するメールシステム「メールディーラー」

この記事のまとめ

    ヘルプデスクとは

    ヘルプデスクとは、社内のIT機器に関する問い合わせを受けたり、要望や不具合への対処をしたりすることが主な業務です。問い合わせ内容は、製品や設備の使用方法やトラブル対応など多岐にわたります。

    情報システム部門がヘルプデスクを兼ねているケースが多いですが、問い合わせの対応に追われるあまり、本来の業務が進行できなくなる事態が増えていることから、ヘルプデスクの業務自体をアウトソーシング(外部委託)する企業も増えてきています。

    ヘルプデスク運用がうまくいかない要因

    ヘルプデスクの運用がうまくいかない要因には、どんなものがあるでしょうか。
    ここでは、考えられる要因をいくつか挙げてご紹介します。

    マニュアルが活用されていない

    社内のIT機器関連のマニュアルを作成している企業は多いですが、従業員から認知されていなかったり、説明が分かりづらかったりなどの理由で利用されず、結局マニュアルに記載していることでもヘルプデスクに聞いてしまうというケースも少なくありません。

    マニュアルを作成したのに、効果が感じられない場合は、「なぜ、活用されないのか」理由を明確にして、改善を繰り返すことが大切です。

    業務の線引きができていない

    先述した通り、人的リソースを確保できない場合、情報システム部門がヘルプデスクを兼ねているケースが多く見られます。
    業務の線引きが曖昧になり、とりあえずヘルプデスクに聞いてみようという流れが定着してしまうと、社内の「なんでも屋」となり、ヘルプデスク業務の負担が大きくなってしまいます。

    ヘルプデスクの味方「社内FAQ」

    ヘルプデスクの運用を効率化させるためには、どのような工夫が必要になるでしょうか。
    ここでは、ヘルプデスク運用を成功させるために有効な社内FAQについてご紹介します。

    FAQ作成のポイント

    社内マニュアルを作成している企業も多いですが、情報量が多いマニュアルは該当情報にたどり着くまでに時間がかかり、問題発生時など迅速に対応が必要な時にタイムロスをしてしまう可能性があります。対してFAQは、よくある質問をまとめているので、スムーズな問題解決を図ることができます。
    FAQ作成におけるポイントは、従業員の利用状況を分析し、改善し続けることです。

    また、必要な情報を簡単に見つけられるように、カテゴライズし、キーワード検索やあいまい検索ができるようにすると良いでしょう。
    社内FAQはUIがおろそかになりがちですが、活用を促すためにはUIの工夫が必要です。見やすいデザインにしたり、検索フォームを用意したりして、利用率の向上を図ってみましょう。

    社内周知のポイント

    FAQの設置場所はもちろん、正しい使い方や必要な情報に早く辿り着くためのコツ、情報を追加した履歴など、定期的に周知することが必要です。

    社内FAQは、従業員に自分の力でトラブルを解決してもらい、ヘルプデスクの負担を減らすことができます。まず社内FAQを確認し、それでも解決できない場合はヘルプデスクの窓口へと誘導するように導線を引きましょう。

    ヘルプデスク運用を効率化するツール

    社内FAQ以外に、ヘルプデスクの運用を効率化に貢献するツールをご紹介します。

    チャットボット

    チャットボットはチャット機能を活用した自動回答ツールのことで、寄せられた問い合わせに対して、事前に設定した想定質問と回答セットの中から最も近いものを選択して自動回答します。
    社内FAQと同様に従業員の自己解決を促すことができるので、ヘルプデスク担当者の業務量削減に貢献します。

    会話形式で問題解決を図ることができるため、気軽に利用できることが強みです。ヘルプデスク担当者が直接回答しない分、業務の負担を軽くするだけでなく、早朝や深夜、担当者が離席中などの対応不可能な時間であっても回答ができるため、問い合わせをしている従業員の業務効率化にもつながります。

    メール共有ツール

    メール共有ツールは、ヘルプデスクチームに届くメールと、各担当者が送信したメールを全て一元管理し、リアルタイムで対応進捗状況を把握できるツールのことを指します。
    GmailやOutlookのような個人対個人のやりとりを行うためのメールツールと異なり、複数名で共有管理し、分担してメール対応を行うための機能が搭載されています。
    問い合わせをする側の従業員が使うFAQやチャットボットと異なり、ヘルプデスクチーム内の運用方法を効率化することができます。

    メール共有ツール「メールディーラー」

    メール共有ツールの代表例として、株式会社ラクスが提供する「メールディーラー」をご紹介します。

    業務分担が明確になる「担当者振り分け機能」

    ラウド型のメールツールであるメールディーラーは、サーバー上に置かれた共有用メールフォルダにヘルプデスクチームのメールが集約され、各担当者が自身のパソコンからアクセスしてメール対応業務を行います。
    そのため、メール1通1通に担当者を設定し業務分担を明確にすることができます。
    担当者振り分けは、メールを開封して1通ずつ手動で設定するだけでなく、件名や本文のキーワード等を条件に自動で振りけることも可能です。

    担当者振り分け機能

    チーム全体の対応進捗を管理する「ステータス機能」

    メールディーラーの「ステータス管理機能」では、問い合わせ対応の進捗状況管理を自動化できます。受信トレイ上で、各メールの「新着」「返信処理中」「対応完了」といった対応状況(ステータス)が表示されるので、一目でどのメールがどの状態にあるのか把握出来ます。
    また、対応状況ごとにタブで分けて表示することができるため、「新着」タブを開けば、まだ誰も返信をしていないメールが漏れなく確認できます。 

    ステータス機能

    優先順位やカテゴリーを管理する「ラベル機能」

    メールディーラーでは、Gmailでも使われている「ラベル機能」が搭載されています。
    「大至急」「至急」などの優先順位や、「操作方法」「トラブル」「アカウント管理」など問い合わせのカテゴリー別など、任意のラベルを付与できる機能です。ラベルは受信トレイ上に表示されるので、一覧画面を見るだけで、どのような問い合わせが届いているのか把握することができます。
    「担当者振り分け機能」と同様に、手動と自動でラベルを付与することが可能です。

    ラベル機能

    また、管理者向けの「集計レポート機能」でラベルの件数を集計し、期間や担当者ごとに処理件数を分析することもできます。

    その他にも、チームでのメール対応を効率化し、対応漏れ・対応遅れを防止する様々な機能が搭載されています。詳しい情報は下記からご確認ください。

    >>メールディーラーの詳細はこちら

    まとめ

    ここまで、社内ヘルプデスクの運用を効率化するためのポイントやおすすめツールについてご紹介しました。
    社内ヘルプデスク業務はどのような業界でも無くてはならない役割です。ヘルプデスク担当者の負担が増え、業務効率が悪化すると、企業全体の業務効率悪化に繋がります。
    運用方法やツールなど、効率化に向けて見直しを行いましょう。

    本記事でご紹介した「メールディーラー」の詳しい資料は下記から無料ダウンロードが可能です。

    ▼メールディーラーへのお問い合わせはコチラ

    https://www.maildealer.jp/

    複数名での「問い合わせ対応業務」がラクになる?

    ※本サイトに掲載されている情報は、株式会社ラクス(以下「当社」といいます)または協力会社が独自に調査したものであり、当社はその内容の正確性や完全性を保証するものではありません。

    メールディーラー通信編集部:J

    この記事を書いた人

    メールディーラー通信編集部:J

    問い合わせ対応、メール対応、電話対応など顧客窓口業務に関連するお役立ち情報をお届けします。