東京
03-5368-1631
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福岡
092-739-8085

TOP > お役立ちコラム > 【第4回】価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと (全6回)

【第4回】価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと (全6回)

こんにちは。ogaRia(オガリア)中の人、中村です。

頭をシャンプーしてもらいながら、顔にティッシュを乗せ、
美容師さんと会話を弾ませる、というのが未だに上手くこなせません。
ティッシュを息で飛ばしたら、なんか悪い気がして・・・

さて、前回の『信頼に結びつく、価格の根拠』に引き続き、
今回も『価格でなくお店で選ばれるために』をテーマに、
現場サイズのノウハウを投下させていただきます。

【連載 第4回】お店に”季節感”はありますか?

“季節感”とは。
そのシーズンならではの雰囲気や商材を
お店の前面に出せているかです。

近所のコンビニや商店街、
駅前の百貨店を思い出してくださいまし。

ポップや垂れ幕に、桜を使ってたり。
いちご、を使った商品が増えてたり。
目に付く場所で季節感を表現しています。

お客様はいつだって、
“旬”“新鮮”なものにわくわくします。

いつ訪れても季節感がなく、見栄えも雰囲気も変わらないお店には、
お客様も無意識のうちに訪れづらくなるのです。

ショップページヘッダーに、季節アイコンをつけてみる

まず気軽に始められて、効果的なのがこちら。
最初に目に付く看板に季節を表すアイコンをつけてみましょう。

春だったら桜、夏だったらスイカ、
秋は栗で、冬は雪だるま、
など毎シーズンこまめに入替えてあげると、それだけで季節感が出ます!

シーズンによって包装紙を変える

メッセージカードやギフトラッピングの包装紙など、
梱包に関わるものを季節によって変えてみるのも手です。

『そんな事言ったって、大量発注でコストを落としてるから、
シーズン毎の入替えなんて難しいよ・・・』

という方は、シールやリボンの色を変えてみましょう。

四季に合ったフォントカラーを使用する

販促バナーを製作する時のメインカラーを
2色程度変更するだけで、簡単に「それっぽく」なります。

例えばこんな色
・春(ピンクや緑)  →  #F04F9B  #768633
・夏(青や黄色)  →  #64A7D9  #FEF601
・秋(オレンジや赤)  →  #55391A  #1B0909
・冬(白や赤)  →  #D0D4E2  #E53937

▼配色に迷った時は・・・!こんなサイトがオススメです。
“言葉”から自動的に配色を提案してくれる『色々 iroiro』
http://synthsky.com/iroiro/

時節のキャンペーンを開催する

「バレンタイン」や「母の日」などのド定番販促イベントは
言うまでもなく企画されているかと思います、が!

セールやポイントアップといったキャンペーンを実施する際にも、
必ず時節ネタを取り入れると良いです。

<例えば春だったら…>
■ 桜の開花期間限定!お花見パーティ全品一斉セール!
■ 春からの一人暮らしを全力応援!生活が捗る”あの”アイテムを緊急値下げ!
■ 花粉症が原因の肌荒れに!緊急サポート化粧品をポイント10倍でお届け!

シーズン需要に適した商品がないよ、、、という時には、

「こんな寒い日には…お財布を温める大幅値下げ特集!」
など、キャッチコピーでひも付ける工夫も良いかと思います。

尚、年間の反則スケジュールについては、
以下のようなサイトで確認することができます。

▼Yahoo!プロモーション広告 – 販促カレンダー

「ogaRiaデザイン」を使って、効率的に時節のキャンペーンを開催!

「季節に応じた販促って言ったって・・・
毎回バナー画像を作り替えるのは、無理!」

とさじを投げかけた店舗様・・・!ご安心ください!

ogaRiaサービスの『ogaRiaデザイン』なら、
ネットショップの時節販促バナーを5,500枚以上、ご用意しています。
豊富なデザインから、その時に応じたバナー素材をいつでも何枚でもダウンロードし放題!

最大2ヶ月の無料トライアル中も、お好きなだけダウンロードできます。

▼ogaRiaサービス webサイトはこちら
http://www.oga-ria.com/

▼無料トライアルお申込はこちら
http://www.oga-ria.com/entry/

いかがでしたか?

次回は連載5回目、『レビューの活用』についてご紹介します。
もっと販促ノウハウが今すぐ欲しい!もっとおくれよ!
という方は、中村が書き綴っている「オガレポ」も、お召し上がりくださいませ。

『価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと』連載バックナンバーはこちら!

【第1回】価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと
【第2回】ネットショップ接客の要、店長/スタッフの顔だし
【第3回】信頼に結びつく、価格の根拠

お客様対応「活用事例&データ集」

この記事を書いた人

中村茉実

1987年生まれ、東京育ち。こんがり小麦肌。2009年より株式会社オーガランドへ入社、3年間楽天ネットショップ店長として経験を積み、その後、社外ネットショップ向けに自社開発システムを提供するogaRia事業部へ。現場で培ったネットショップのノウハウや現場の課題を糧として、webサービス「ogaRia」「compass for 楽天市場」をディレクションしている。

一覧を見る