東京
03-5368-1631
大阪
06-6376-5222
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085(平日 9:00~18:00)

TOP > 「メールディーラー」解決できる課題一覧 > 二重対応を無くしたい!

「誰が、どの、問い合わせに対応しているのか分からない…」

課題二重対応が発生している。

二重対応が発生している。

問い合わせ元の信用を失ってしまう「二重対応」。
しかし、防止するためには、声掛け確認の徹底など、現場に追加の作業が発生してしまいます。
効率的に無くすことはできないのでしょうか?

二重対応が起こる原因

二重対応が起こる原因は、リアルタイムで対応状況の共有できていないこと、
口頭での引継ぎ漏れの2つに分けられます。

  • 01

    対応状況をエクセルなどに転記して共有しているが、タイムラグがある。

    対応状況をエクセルなどに転記して共有しているが、タイムラグがある。

  • 02

    メールのラベル機能などを活用しているが、誰が対応を始めているかは分からない。

    メールのラベル機能などを活用しているが、誰が対応を始めているかは分からない。

  • 03

    口頭、チャットで確認を行っているが、単純な引継ぎミスがある。

    口頭、チャットで確認を行っているが、単純な引継ぎミスがある。

「メールディーラー」なら手間なく解決

01

対応状況を自動で共有

「メールディーラー」なら、メーリングリストでの共有やエクセルへの手動転記をする必要はありません。
共有アドレス宛にきた問い合わせを「誰が、いつ、どこまで対応」したのか自動的に対応状況毎に割り振られます。管理者は、どのメールが対応できていないのか一目で把握することができます。

対応状況を自動で共有

02

二重対応防止機能

二重対応防止機能

「メールディーラー」なら、誰かが返信処理を始めると排他ロックが掛かります。そのため、自動的に二重対応を防止することができるので、声掛け確認や対応状況の転記先を確認しにいく手間が省けます。