東京
03-5368-1631
大阪
06-6376-5222(平日 9:00~18:00)

誤送信を防ぎたい!

うっかりミスが大事故に…

情報漏えいなど大事故につながってしまう誤送信。
しかし、メール誤送信による事故件数は年々増加しています。
メールディーラーの誤送信を防止する機能を紹介します。

誤送信が起こる原因

誤送信は、原因の8割以上が単純な人為的ミスという調査があります。
具体的には以下の3つが挙げられます。

  • 01

    送信者の宛先の確認漏れ。

    送信者の宛先の確認漏れ。

  • 02

    送信者の添付ファイルの確認漏れ。

    送信者の添付ファイルの確認漏れ。

  • 03

    誤送信防止のための運用ルールが現場に周知徹底されていない。

    誤送信防止のための運用ルールが現場に周知徹底されていない。

メールディーラーで解決できます!

01

送信前のダブルチェックを必須化

送信前のダブルチェックを必須化

「メールディーラー」なら、メール送信前に宛先、本文、添付ファイルのダブルチェックを必須化できます。個人の意識に頼りがちになる、確認作業を必須化することで誤送信を防止できます。

02

承認フローで確認を効率化

承認フローで確認を効率化

「メールディーラー」なら、送信時のメール承認フローを組むことができます。
事前に上司の確認が必要な案件の場合、新人で送信内容のチェックが必要な場合、などケースに合わせて柔軟にフローを作成することができます。
二重確認の徹底のため、承認を必須にすることも可能です。

また「メールディーラー」で承認が完結できるので、離れた拠点やリモートワークでも確認体制を構築できます。

03

対応状況の自動共有でルール徹底が浸透

「メールディーラー」なら自動的に誰が、どのメールに、どのように対応しているのか共有されます。
結果的に、運用の徹底の浸透が図られるとともに、誤送信があった場合の発覚が早まります。閲覧権限など細かく設定できるため、組織にあったチェック体制を構築できます。

共有アドレスと「メールディーラー」を活用することで、自動的にチームのメールが共有されます。結果として、対応状況が見える化するため、万が一の事故が発生した際も素早く対応することにつながります。

対応状況の自動共有でルール徹底が浸透
料金表・資料

メールディーラーの料金・機能が詳しくわかる!

メールディーラーについて、詳しく知りたい方はこちら!

料金表・資料

料金・機能詳細がわかる!

メールディーラートライアル画面

実際の画面機能をお試しできる!

セミナー_人

実際の画面見ながら
説明を受ける!