メール共有・管理システム
東京
03-5368-1631
大阪
06-6346-3643
名古屋
052-218-6937
福岡
092-739-8085

TOP > お役立ちコラム > 【第6回】価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと (最終回)

【第6回】価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと (最終回)

こんにちは。ogaRia(オガリア)中の人、中村です。

これまで二日酔時の水分補給は決まってオレンジジュースだったんですが、
最近になってカ◯ピスの優しさに気づきました。
まろやかに疲弊した胃腸を包み込んでくれます。

さて、前回の『”お客様の声”とのコミュニケーション』に引き続き、
今回も『価格でなくお店で選ばれるために』をテーマに、
現場サイズのノウハウを投下させていただきますよ。

【連載 第6回】私情をはさんで販促していますか?

私情というと、「私情を差しはさむな」という言葉の通り
利己的でマイナスなイメージがありますよね。

でも、お客様に全くデメリットがない形ではさまれる「私情」には
「人間味(=温もり)あるショップ」というポジティブな印象
が生まれるんです。

ogaRiaサービスをご利用の店舗様に、
ご家族二代で経営されている店舗様がいます。

販売しているのは自身で生産されている食品、一種だけ。
なんと今年で創業55周年だそうです。

生産業務で全く時間がない傍ら、
パートの方にもお手伝い頂きながら
ネットショップを運用されているのは息子様。

そのネットショップでは、質の高さ、産地直送の新鮮さを売りに
予約販売や定期購入など様々な工夫で販売されています。

なぜ、私がこんなに事情通かというと・・・
インタビューをした訳ではないんです。
多分、この店舗様でお買い物をされた方は
自然と全員が「事情通」になります。

なぜかというと、この店舗様のショップを訪れると
全てそう書いてあるんです。

さらには、毎月、家族旅行の思い出やその月に起こったハプニングなどを
手書き形式でお店のトップページに掲載しています。
(先月はスキー旅行に行かれたそうです。)

なんというか、、
失礼ながら、昔から家族ぐるみでお付き合いあるようにすら感じてしまいます。

会ったことがなくても、”事情”を知ると、
人はその人に親しみを感じるんですよね。

なぜ、ネットショップに”親しみ”が大切なの?

第1回目の連載で、価格でなくお店で選ばれるには
「愛着」と「信頼」が重要とお話ししましたが、
それを得る手段の一つが、”親しみやすさ”です。

愛着や信頼はお客様と何度も接点をもつことで構築されますが、
接点をもてるチャンスはそう多くありません。

その重要な接点でお客様との距離感を縮めるのに、
“親しみやすさ”は重要な要素となります。

今すぐ実践できる3つの販促ノウハウ!

実際にどうやって販促に活かしたらいいのか、
実例含めてご紹介します!

①私情をはさんだ企画を開催する

『お客様の都合に全く関係のない企画』を開催してみましょう。
例えば・・・

・店長、◯◯kg太ってしまいました、、
→自分だけ太るのが悔しいので、1,500Kcal以上の商品を10%OFFします!
・スタッフ◯◯、ついに結婚!ショップを挙げてお祝いします!
→期間中に購入されたお客様の数×100円がお祝儀に!
・ペットの◯◯が、暑くて毎日バテています…
→地球温暖化防止のために、観葉植物を全品半額にします!

少し理不尽なくらいが面白いかもしれませんね。
(※繰り返しますが、お客様に絶対デメリットが無いようにしましょう)

②独断と偏見のオススメコーナーを作る

合理的な理由など一切なく、
本気の主観でオススメコーナーを作ってみましょう。
例えば、、、

・当店一モテる◯◯が、独断と偏見で選ぶ!モテアイテム
・スタッフ◯◯が欲しい、お金が無くて買えていない商品リストを勝手に公開

といった形で、お客様の好みや趣向を
完全に無視した形でかまいません。

なぜその商品をチョイスしたのか?という理由(事情)を添えると、
さらに人間味が出て親しみ易くなります。

目的は商品を売ることではなく、
お客様に親しみを感じてもらうことなのです。

③メルマガのあとがきで私情を語る

メルマガのあとがき部分で、
完全にプライベートで内輪な話をしてみましょう。
「焼けてないのに「日焼けした?」って聞かれる…」とか、
「毎日買ってたジュースがコンビニの棚から消えた…!」とか、
「ストッキングは2回履けば親指に穴が空いてしまいます」など。

“くだらなくて実のない内輪話”が最適です。
おもしろおかしく書こうとする必要はありません。

正直、目を留めて読んでくれるお客様は数%だと思います。
初めのうちはお客様からの反応もなく、売上に貢献している実感も薄く、
続けるモチベーションを保つのが難しいかもしれません

ですが地道に泥臭く続けることが、お客様との関係を構築する近道です!
ほどよく続けるために、肩の力を抜いて楽しんでやりましょう。

6回の連載、ありがとうございました。

ogaRia中村の連載コラムはこれで一旦終了です。
お付き合い頂きました皆様、ありがとうございました。

ネットショップを運営していて、

「キレイなショップページも構築したし、
 商品数もある程度増えてきたのに、売上が上がらなくなってきた」

という悩みにあたった方がいらっしゃいましたら、
今回ご紹介したような”販売促進”のノウハウが必要になるかと思います。

販促したくても、
ノウハウが無い、、人手が足りない、、時間が足りない、、
そんなショップ様を、ogaRiaサービスは「システムとデザインと情報」の力で支援しています!

最大2ヶ月の無料トライアルからお試しできます。

▼ogaRiaサービス webサイトはこちら
http://www.oga-ria.com/

▼無料トライアルお申込はこちら
http://www.oga-ria.com/entry/

もっと販促ノウハウが今すぐ欲しい!もっとおくれよ!
という方は、中村が書き綴っている「オガレポ」も、お召し上がりください。

『価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと』連載バックナンバーはこちら!

【第1回】価格ではなく、お店で選ばれるために!あなたのお店に足りないこと
【第2回】ネットショップ接客の要、店長/スタッフの顔だし
【第3回】信頼に結びつく、価格の根拠
【第4回】ショップの新鮮さを表現する季節感
【第5回】“お客様の声”とのコミュニケーション

お客様対応「活用事例&データ集」

この記事を書いた人

中村茉実

1987年生まれ、東京育ち。こんがり小麦肌。2009年より株式会社オーガランドへ入社、3年間楽天ネットショップ店長として経験を積み、その後、社外ネットショップ向けに自社開発システムを提供するogaRia事業部へ。現場で培ったネットショップのノウハウや現場の課題を糧として、webサービス「ogaRia」「compass for 楽天市場」をディレクションしている。

一覧を見る