【インタビュー】ECサイトがマーケティング支援会社を活用するポイントは?

後編用画像

ECサイトを成功させるために、集客や売上アップの施策は必要不可欠。
でも社内ですべてまかなうのは大変…という方のために、プロモーションや売上増の施策を手助けしてくれる「マーケティング支援会社」というものがあります。

今回は、多くのECサイトのマーケティング支援実績を誇る、株式会社インタースペース、広告事業本部アフィリエイト事業部 副事業部長の室山一茂様に、ECサイトのマーケティング支援活用について、お話を伺いました。

これからマーケティング支援会社を利用したいと考えている方から、すでに活用している方まで、彼らの持つノウハウを最大限活用するためのヒントをご紹介します。

この記事のまとめ

  • マーケティング支援会社って、こんなことをしてくれます
  • 成功しているECサイトは、マーケティングを丸投げしない
  • マーケティング支援を活用するには、密なコミュニケーションと情報共有が不可欠

マーケティング支援会社って、こんなことをしてくれます

はじめに、インタースペース様の簡単なご紹介をいただけますか?

弊社では、主にダイレクトレスポンス(返信)を目的としたマーケティング支援を行っています。クライアント様は、ECサイトの中でも、リピート購入に重きを置く、単品通販のサイトを運営されている企業様が多いですね。

具体的には、どのような支援をされているんですか?

クライアント様の商品や目的に合わせて、最適なメディア、クリエイティブの提案および実行などを行っています。

最近の傾向として、「媒体単位での発注」よりも「ある程度予算を預ける代わりに、プロモーション全体の提案が欲しい」という依頼が増えてきています。

成功しているECサイトは、マーケティングを丸投げしない

多くのECサイトを支援されていると思いますが、成功しているECサイトに共通点などはありますか?

弊社のような立場からは申しにくいのですが、「自社でのマーケティング」に力を入れているサイトが成長している印象ですね。

以前は、クライアント様は商品開発に集中、マーケティングはアウトソースというケースが多かったのですが、最近は、クライアント様のマーケティング部門と共同で動くプロジェクトが増えています。

成功しているECサイトは、マーケティングを丸投げしない

なるほど。共同で動く場合、どういった取り組みができますか?

あくまで一例ではありますが

  • 特定メディアに限定した商品開発やCRMプランの構築
  • 単独社でのメディア向けセミナーの実施
  • 流入経路ごとのクリエイティブの最適化

などが挙げられます。

こういった施策は、クライアント様のマーケティング部門だけでなく、その先の商品開発部門、カスタマーサポート部門の協力も必要となります。クライアント様の負荷もかなり大きいですが、通常のメディアバイイングとは比較にならないほど効果を上げる事例も数多くあります。

「両社で汗をかいていく」というクライアント様は、堅実に事業成長ができている印象があります。

マーケティング支援を活用するには、密なコミュニケーションと情報共有が不可欠

マーケティング支援を活用するには、密なコミュニケーションと情報共有が不可欠

サイトがマーケティング支援を活用する場合、成功に近づくアドバイスはありますか?

マーケティング支援に必要な情報は、可能な限り開示していただけると嬉しいです。

  • 事業における主要KPI(CPA,LTV,事業目標などなど)
  • ベンチマークにしている企業
  • 市場における自社のUSP(独自の強みを伝えるメッセージ)

などは、弊社のプランニングのみならず、メディア側からよく質問される内容です。こういった情報を積極的に開示してもらえれば、より有効な施策立案をすることができます。

もちろん、競合サイトへの情報流出などのリスクをご心配されると思いますが、NDA(機密保持契約)を締結したり、担当者が重ならないよう依頼したりすることで対応できます。

今後の展望などはありますか?

成長を求めるECサイトにとって、「単なるウェブ広告の仲介」に価値を感じていただくことは難しくなっていると感じます。

よりクライアント様に満足してもらうためには、事業やマーケティング領域のコンサルティングが不可欠だと考えており、社をあげて投資を強化していく予定です。

私たちのような支援会社は、よく「当事者でないのでリスクがない、クライアントの成果につながらなくても損はしない」と言われます。弊社は、成果報酬型でのマーケティング支援を行っているので、クライアント様の成果につながらないと売上になりませんが、そういった声は、私たち支援会社に高い期待を寄せていただいていると捉え、ぜひ応えていきたいと思います。

ありがとうございました。最後にひとことメッセージをお願いします。

インタースペースでは「クライアント様のゴールに寄り添う」をモットーに、ECサイトの皆さまのお役に立ちたいと考えております。マーケティング支援のご相談の他にも、私たちと一緒にマーケティング支援をしたいという仲間もお待ちしています!

問い合わせメールの共有・管理システム「メールディーラー」

この記事を書いた人

宮崎晋一郎
宮崎晋一郎

1983年生まれ。日光生まれ新宿育ち。2006年〜2013年までweb広告会社で主にEC専門のマーケティング支援を担当し2013年に独立し、株式会社ロックストックを設立。主にECクライアントにおけるwebマーケティングの施策立案と実行までをサポートしています。好きな映画監督はデヴィッド・フィンチャーです。


お問い合わせ

お送りする資料の内容例
  • 機能の詳細説明
  • クラウドサービス各プランの価格体系
  • その他のオプション
株式会社ラクスは全国に営業所がございます。
お気軽にご連絡ください。
東 京
03-5368-1631
大 阪
06-6346-3643
名古屋
052-589-0330
福 岡
092-739-8085
※お電話での受付時間 9:30〜18:00(土日祝日除く)